外壁下地ラス貼り

内装工事も順調ですが、同時に外部の下地も進めて行きます。

外部は『奥野左官』の親方の提案、石井夫婦の希望で『掻き落とし』の施工になりました。

細かなデザインは決定してませんが、先に下地を作ります。

軽量モルタルで下地を塗るのですが、防水シートを丁寧に貼って・・・。

丁寧にラスをタッカーで貼っていきます。丁寧に・・・。

さぁ、これでやっと『左官仕事』ができる訳です!

 

軽量モルタル下塗り

南面と東面の両面を軽量モルタルで塗り付けます。

厚みが付くので2回に分けて塗るのですが、2回目を塗る際に材料が塗りやすいように

表面には横方向にクシを入れておきます。

 

翌日以降に1回目の軽量モルタルが乾いたら、2回目を塗っていきます。

今日は『奥野左官』の職人 松浦さんと東京から応援に来てくださった『株式会社ワイズファクトリー』の

檜垣さんの2人で作業を行います。

この工程が最終的に土の『掻き落とし』の『下地』になるので、真っすぐに塗る必要があります。

左官仕上げの『壁』には、仕上がった壁の下には様々な工程があります。

思った以上に手間や時間が掛かっているんですね。

仕上げる壁の種類によって異なりますが、この『下地』で仕上げが良くも悪くも

なってきます。

勿論、2人はきれいに仕上げてくれましたよ!

外壁下地完成

(あ!窓枠から見えるのは、石井夫人ではないですか!)

お施主様といはいえ・・・今回の工事にはみんなで参加します!

私の友人でもあるオーナー夫婦ですが、できる作業を一緒に手伝うことで・・・。

工事費の削減(笑)だけではなく!職人さん達との一体感ができて・・・

よりコミュニケーションが沢山でき・・・。ワイワイと、とても楽しくて

笑いの絶えない現場になっています。とても緊迫する作業工程もあるとは思いますが

職人の皆さんはとってもリラックスした気持ちで仕事が出来ていますよ!

 

施工先
kidsroom Mohala

http://mohala.jp
078-384-5084

There are no comments