オーナー(石井氏)の希望で内装の壁・天井は全て『塗壁』ということで・・・。

基本的には漆喰をベースに、壁面によってアレンジするという、ややざっくり(笑)とした

スタートでした。

ボルダリング用の壁、以外の壁と天井にはまずファイバーテープ(ジョイントテープ)とビス穴には

全てパテを施します。

(石膏ボードに落書き?しているのは気にしないでください!(笑))

ファイバーテープは石膏ボードとボードの全ての継ぎ目に貼ります。これは石膏ボードの継ぎ目から

塗壁材がクラックするのを防ぐため。

更にパテを行うのは、その継ぎ目やビス穴から塗壁材が痩せるのを防ぐ為ですので

とっても重要な工程なのです。

『奥野左官』親方と職人、松浦さんの2人でどんどん塗っていきます!

これは中塗りの作業で、砂漆喰というものを塗っています。

字の如く、漆喰に砂を混ぜたものなのですが、砂(骨材)が入ることで強度が

上がり、ひび割れしづらくなります。

壁はこんな感じ!

で、

天井がこんな感じです。

中塗りとはいえ、上塗りの事を考えて丁寧に作業を終えました。

次の工程へ・・・。

さぁ、壁と天井の入隅(いりずみ)はどうするのでしょう??

廻り縁を付けるのでしょうか?

乞うご期待!!

 

 

施工先
kidsroom Mohala

http://mohala.jp
078-384-5084

There are no comments